サイトマップはこちらをクリック

Inkscape(インクスケープ)とは

Inkscape(インクスケープ)とは、Linux、Windows、MacOSXで稼動するドロー系のグラフィックアプリケーションです。ベクトル画像を含むSVGファイルの作成、編集が可能。Inkscape(インクスケープ)とは、オープンソースのベクタ(ドロー系)グラフィックエディタで、 Adobe Illustrator(イラストレーター) などの対抗馬的存在です。(Gimp(ギンプ)が PhotoShop(フォトショップ)キラーならば、Inkscape(インクスケープ)は Illustrator(イラストレーター)キラーといえるでしょう。) Scalable Vector Graphics(SVG)形式のファイルを扱うことができ、JPEG/PNG/TIFFなどのビットマップイメージをインポート/エクスポートすることも可能です。 EPSの書き出し機能もあります。また、最新版では、PDFファイルの編集もかまうになりました。

InkscapeとIllustrator の違い??

Inkscape(インクスケープ)Adobe Illustrator には次のような違いがあります。

 単に機能がまだ実装されていなかったり、現在実装のための作業中であったりする場合が多々あります。しかし、理由はそれだけではありません。Adobe Illustrator(アドビ イラストレータ)以外のツールの選択の余地がないというわけではないのです。確かに現状ではほぼ独占状態ではありますが、 CorelDrawやXaraなど他のツールも存在しており、これらのツールはユーザビリティの面ではAdobe Illustrator(イラストレータ)より優れていると多くの人が言っています。 Inkscape(インクスケープ)は、ユーザインタフェースの考え方をこれら優れたツールから拝借して作られています。我々はユーザビリティを非常に重要なものと位置づけており、このため我々のアプローチの方がすぐれていると判断した場合には、わざとAdobe(アドビ)Illustrator(イラストレータ)とは異なるインタフェースを実装することがあります。

Inkscapeで何ができるの??

Inkscape(インクスケープ)には次のような機能があります。

  • 図形の作成

  • 鉛筆ツール(フリーハンドでの描画)、ペンツール(ベジェ曲線や直線の描画)、カリグラフィツール(フリーハンドによるカリグラフで描いたような線の描画)
    長方形(角を丸くすることも可)、円/弧、星形など多角図形、渦巻の描画
    テキストの使用(複数行可)
    ビットマップの埋め込み
    クローン作成
  • 図形の操作

  • 変形(移動、拡大縮小、回転、ねじり)、いずれもインタラクティブと数値指定のいずれでも操作可能
    Z順操作
    オブジェクトのグループ化
    レイヤーの使用
    オブジェクトのコピー/ペースト
  • 塗りつぶしと線
  • 色選択(RGB、HSV、カラーホイール)
    色選択ツール
    スタイルのコピー/ペースト
    グラデーション
    パターンでの塗りつぶし
    種類豊富な点線
    パス作成(矢印線など)
  • パスの操作

  • ノードの編集(ノード移動、ベジェハンドル、ノードの結合/分割など)
    パスへの変換(テキストオブジェクトを図形に変換)、線からパスへの変換
    ブール演算
    さまざまなしきい値によるパスの簡素化
    パスのインセット/アウトセット
    ビットマップトレース
  • テキストのサポート

  • 複数行テキスト
    インストールされたすべてのフォントを利用化、右から左へ書かれるフォントを含む
    カーニング、文字間、行間の調節
    パス上のテキスト(テキスト、パスとも編集可能)
  • レンダリング

  • 複数行テキスト
    アンチエイリアス表示
    透過をサポート(表示およびPNG出力)
    インタラクティブ操作時には、ドラッグしたとおりに変形